×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BBS Old Contents
掲示板への入り口 まるまるまるち&旧anime-ire.com



動画ページ 0402〜の組織的ストーカー行為に関連する可能性が高いものを収録】

(※  ウインドウズ メディアプレイヤー9 以降を推奨  明るさなどの画質調整機能がついてるので)


最上/最下/ トップページ

【ミラーページのリンク(ミラーA ミラーB ミラーC ミラーD ミラーE ミラーF)】
※容量の関係上、分割して格納しています。手前ほど、新しいのがあります。
※画像もあります。トップページから体験記へ向かい、各月のページでご覧ください。
※あちこち分散したり、閲覧しづらくてすみません。まだサーバ容量がBBには追いついてないということで、ひとつ。

2004
2/16 2/19 2/20 2/24 2/25 2/26 2/27 2/28
3/1 3/3 3/4 3/9 3/10 3/12 3/13 3/14 3/15 3/16 3/17 3/19 3/23 3/24 3/26 3/27 3/28 3/30 3/31 】
4/1 4/2 4/3 4/5 4/7 4/14 4/19 4/20 4/22 4/23 4/28 】
5/17 5/19 5/21 5/24 5/25 5/27 】
6/3 6/4 6/17 6/22 6/24 】
7/2 7/14 7/21 7/28 】
8/25 8/26 】
9/14 】
12/11 12/15 12/16 12/20 】


2005
01/18
02/25
04/06  04/14 04/15 04/18 】

2/16

犬散歩 1  今日最初
犬散歩 2 2度目

犬散歩 3 (実際はこの他、周囲にもう2組)
撮り逃したがこの前に、
「ミーちゃんなあ(犬の名前が妹の呼び名と一致:定番)」
「今の若い者はもたないからなあ:定番」
と、大声での聞こえよがしな会話があった。

ちなみにこの土地は、こんなに頻繁に犬散歩が蹂躙する
土地ではないので、念のため。
私が通る時間に、集中的に人や車が向けられるのだ。

2/19

周囲にはまったく何も居なかった。それが当然の地域環境なのだから。
しかし、やはり集中して押し寄せてくるものがあった。

犬散歩の集中

映像再生してすぐに2組(片方はトンネルの向こう)
終盤、指がどいてすぐに、右と左の2組(右のは良く見ないとわからない)

ここから2分ほど移動して、また1組と遭遇した。

人を操りつつ、因果を集中させた
のは間違いない。
これは、ぞろ目ナンバープレートが集中するのと概念は同じといえる。


2/20

テレビに人為的に挿入されるノイズのサンプル。
この場合は、「彼ら」が伝えたいか、またはだますための
メッセージの部分を強調されている。

NHKアニメ「十二国記」

ほかには主に、ニュース番組を見るのを妨害されたり、
こちらの思考に合わせて、からかい半分にやられる場合などがある。

ちなみに、VTRでしかも低画質だから、大したことの無いブレに見えるかもしれないが、
本放送はもっと高輝度(まぶしい)で、視覚から受けるショックは大きい。
「ポケモンてんかん事件」を想起させる症状にまで持っていかれることもしばしば。
しかもこんなのが、テレビを見ている限りいつまでも散発する。

2/24

本日のヘリ。
(きょうのわんこ)

最近は民間機も、わざわざ直上近くを飛んでるような気がする。

2/25

本日のヘリ 1。
本日のヘリ 2。
二つは連続撮影したもの。ファイルサイズの都合で分割した。

フォーカスが合わなくて見づらいが、一番最初と最後にポツンと映る。
シングルローター、ツインローターの順。

2/26

(1)
本日のブルーサンダー。

もっと低空だったこともある。
何度も旋回していたこともあり、それがC130の2期編隊だった事もある。
威嚇でなければ、何だというのか。

(2)
スーパーに寄ると同時に、「無人惑星サヴァイヴ」の主題歌メロディがかかり始めた。

スーパーを出ると同時に、救急車がやってきた。
ちなみに今日は、消防車も忙しく出動していた。

スキヤに寄ると同時に、「鋼の錬金術師」の主題歌がかかり始めた。

2/27

(1)
ここは厚木かと錯覚する。

正午前、ツインロータ2機編隊が低空飛行。
米軍か自衛隊か判別できない。(識者コメント求む)
紺地にカーキ迷彩だったので、米海軍じゃないかと思ったのだけど。
自衛隊にも、森林迷彩以外のカラーってあるのだろうか。

1機目
2機目

肉声入ったから公開するべきか悩んだけど、今更だし。

(2)
TBS「ニュース23」にて。

「パチッ」と言う音が何度か発生する。
最初のは、ポルターガイスト的に家具がきしんだ音。(体験記で頻出)
実際は、家具が圧迫や振動できしむ音そのもの。

次は、私が精神への圧迫感を感じたこと示すサインとして、カメラを叩いた音。
この直後に、筑紫キャスターが口篭もっていることに注目されたい。

このように、私の一挙手一投足が画面の向こうに影響を与えているような錯覚が、
日常化している。
(実際は、全生物が連動するラジコンとなっているだけだと解釈している)

疑われれば、ビデオ録画ではないかとか言われそうだ。
しかし、ビデオやデジタル録画の画質でないのは、専門家やマニアがノイズ判定すれば明らか。

それに、時刻立証すればいいのなら、後日でも必ずそうした物証は揃うと断言できる。
毎日のように起きていることだから。

(3)
戦闘ヘリと思しき、角張ったヘリの2機編隊。

露光設定を失敗したため、暗くなってしまった。
Windowsメディアプレイヤー9の「ビデオ設定」機能などで
明るさを上げて視聴されたし。

(4)
さっきのツインローターが1機戻ってきたようだ。

シルエットからして、これに違いない。


2/28

(1)
ブラジル人たち。

(2)
ヘリ。土曜のせいか、民間機っぽい。

3/1

(1)
下校中の小学生が人形にされた瞬間。
近づく前と、離れた後は実に、静かなのだが…


3/3

(1)
本日のエアーウルフ。

画像も収めたので、拡大してみた。
曇りだったから、肉眼でもよくカラーリングがわからなかった。


(2)
本日の輸送機。

テレビ映像が激しく歪むほどの衝撃波。
テレビ音声が入っているので、いつ頃来たか、わかる人にはわかるだろう。

3/4

(1)
集まってくる人、犬の散歩など。

(2)
自分の周囲だけが悪天候になる。
上の映像よりも天気が悪いことがわかると思う。

(3)
しつこく周辺を周っているヘリ。
県警のカラーのような、そうでもないような。

(4)
たぶん1000mは切っている低空飛行。
500mも切ってるかもしれない。

(5)
突然乱れるテレビ映像。

3/9

(1)
何もしてなくても、特に音が発生する機械などがなくても、
不定期に周囲がきしむ。    
(本当は、ステレオ録音できるカメラが欲しいのだけども。)

これは、念力の術者がいる時は必ず、ものすごくなる。
ブチブチと絶え間なくなる。

(2)
初対面の幼児が私に陰口を叩くのシーン。
無論、彼らの会話上が、たまたまそうなっているパターンもありえる。
ただ、今までの状況を分析するとむしろ、

私が近づくことで念力的な強制力が働き、強引に会話を始めてしまうと言う
パターンが多いように思う。
それをさせているのが政府か悪党か、地球外生物かすらわからないが。

(3)
スーパーマーケットが秘密の暗号放送?

途中から外へ出ているのが音声でわかるはず。
出る時か入る時にちょうど、このような放送が流れる。

3/10

(1)
ニアミスクロス気味のセスナとヘリ。
どちらも数回、頭上を通過した。

(2)
児童がスタンバイ状態に。

こうして、印象的なポージングで挑発してきて、
私の内面も猜疑心や攻撃衝動を増幅する。

内と外、両面攻撃は結構辛い。

3/12

(1)
県警ヘリ。
同時になっているクラクションは、裏のブラジル人の車から。
彼らはこうして、何かのタイミングに合わせて目障りな行動してくることが多い。

3/13

(1)
一見、普通の様子に見える店員。
しかし、よく見ると
・私の言葉に、向こうの身振りが呼応している(しかし、こちらを見ようとはしない)

わざわざ、知らぬ振りをしながらこちらを挑発している。
いつでもどこでも、これが操られし人間の定番だ。

実際は、かなり小声で話している(マイクが近いから大声みたいに録音されているだけ)
まず、相手にはちゃんと聞こえてはいない。5mは離れていたから。

私の声が聞こえている場合、こちらを向いて反論するか、視線を投げるのが常人。
彼女たちはまるで私の脳内がわかっているように、背中を向けたまま私の思考に対して挑発をしてみせる。

またこの場では、彼女らは言葉を発していない。身振り手振りメインで疎通できており、
これも奇妙といえる。

・視線をそらす
・背中を向ける
・口は減らない
いずれも操られし者に定番のしぐさ。

途中で笑い顔の中年が通り過ぎるが、彼は挑発的に、まっすぐにこちらを見やりながら通り過ぎたため、
私がそちらを振り向き、カメラも右へスパンしているという格好。

皆、ゲーム感覚。
だれも、私の弟が実際に死んだこと家族が狂人にされた挙句に
犯罪集団の言いなりになっていることなど、極めてシビアな現実があることはわかっていない。

だからこそ、あえて現場でははっきり言う。バカ共、と。
怒りをたっぷり込めて。

3/14

(1)
・航空機と右翼凱旋車のランデブー

(2)
・私の周囲で張り込む連中

こうした連中の、大体の定番は次のようなものだ。

 1 まず、私の目にとまるところへやってくる。
 2 次に、「気にさせる」。念力による心理誘導である。
 3 挑発の連続に屈して近づくと、逃げる。

今日の場合は、最初は白の一台だけが張り込み、
私が近づきだすと黒バンがやってきて白い車の運転手と会話。
よく見ると、黒バンの若いあんちゃんはVサインしている。

今回の映像は、ともすると、一般人の普通の行為に見えるのは承知している。
この辺の説得力は、同様のケースを映像化し続けることで増していくものと認識している。

3/15

(1)
コンビニへついてくるブラジル人

(2)
プレス工だというブラジル人10人ほど(コンビニに来た奴も一緒)

(3)
C130輸送機の襲来。
(「ウインドウズメディアプレイヤー 9」で、明るさを調整しての視聴を推奨)


3/16

(1)
通せんぼする役目の人。
おそらく、外部から店内での現象の因果関係を操られている。

(2)
陰口を言う役目の店員。

これは2パターンあり、
 ・最初から私に向かって嫌がらせをするために送り込まれた店員と、
 ・普通の店員が操られるなどして凶悪になっている場合。

今日のは後者である。
しかも、他人の嫌味をぶちまけていたら、私が来ただけというごく軽いもの。

こういう事例を因果を仕組まれることで100%に近い遭遇率にされる。
嫌な仕掛けだ。

3/17

(1)
8888の車で来たおばちゃん。

(2)
555と8888。
ファインダーを覗いているひまがなくて、
555のナンバーそのものは撮り逃している。
画像と比較されたし。

(3)
私が来ると「バラす」発言をするおっさん。
普通の人が操られた事例。

この前にも「何してるの?」などと語り掛けっぽい会話が入っている。

3/19

(1)
長いので分割。 

左の店舗から出てくる、白スポーツカー(インテグラ?)ナンバーは・・・6。
白セダンと緑っぽいグロリアが通過した直後、右から軽が突込み気味に出てくる。
ドライバーは催眠でのぼせたらしい、ボケた感じだった。
仮面ライダーファイズのケータローカラー(青)のミニバンが右から出てくる。

ビデオ屋につくと、さっきの白セダンと緑っぽいグロリアが先着している。
どうやらグルのようだ。
緑グロリアの運転手。平日昼間に、ビデオを返しに来るようなおっさんには見えない。
白セダン。無線アンテナ、左ハンドル、スーツ姿の堅い雰囲気の若い男。
車からずっと降りてこない。

(2)
567と8888のセット。
567は、ピンぼけでよく映っていない。

(3)
・・28と・・77のセット。
これもピンぼけと赤外線フィルターの影響でよく映ってない。
あくまで、雰囲気を伝える資料として。

3/23

(1)
急加速BMW。(黒フィルムガラス)
急加速キャバリエ?(黒フィルムガラス)
警察外郭団体の広報車

3/24

(1)
雲上を飛ぶ航空機。
ひっきりなしに来る。音が同じなので、旋回しているのかもしれない。

(2)
こちらが「(加害者集団を)ぶっ潰す」とか考えると同時に、
「だーめだ!」などといって犬を嗜める老人。

こういうのも、ごくたまになら良いが、日常的に頻発するとウンザリする。

3/26

(1)
雲上を何度も通過していく航空機。
   

(2)
同じヘリが3回来た。
そのうちの2回。
 

(3)
同じ道を歩いている数分の出来事。

8300(ゴン黒コギャル運転)
2002軽自動車。

3/27

(1)
プロのストーカー要員による、車でのストーキング。

まず、考え事をしていると、妨害するように邪気で体の自由を奪われる。
ある方向を気にさせられて、振り向くと、わざと見えるか見えないかの位置に
こうして車が止まっている。
どうせ逃げるだろうなとか思いながら近づいていくと、本当に逃げる。

このあと、200メートルほど前でまた停車し、
追い始めてある程度近づくと走り去ってしまった。

注意すべきは、3/14(2) と、同じ場所同じケースであるということ。

3/28

(1)
スーパーにいつも付きまとうBMWとそのドライバー

3/30

(1)
自衛隊ヘリ。
うち目指して飛んできて、
目の前で旋回していく。

3/31

(1)
自衛隊 双発輸送ヘリ。
今日も旋回して戻っていった。
血税の無駄遣い。

(2)
スーパーに入るなり、正面から人が出てくる。
矢継ぎ早に、店員がカートを押して迫ってくる。
とおりにくい中を進むと、今度はおばちゃんが後ろ向きに突っ込んでくる。
これは、普通なら察知して避けるようなシチュエーションだ。

帰り際、出口を親子連れがふさいでいるので、
隣から出ようとすると、またも店員がカートを押しながら迫ってくる。

これらが、不定期に仕掛けられる。

(3)
ベンツ。
いかにもな感じ。

4/1

(1)
自衛隊のヘリ。
ここまで挑発的なのは久しぶりだ。

(2)
セスナ。
公安あたりの、要は政府機関の人間に指示されたのだろう。

4/2

(1)
C130輸送機。
昨年初夏にも見せられたような低空飛行、急旋回の直後。
これは後続。
3機編隊だったと思う。

かなりの轟音であり、視覚的には約3倍に見えている。

4/3

(1)
今日の映像集。以下の順番。

・事故車が通り過ぎる。(この他に一台あった)
・チンピラの車が道をふさぐ。(道をふさぐ事例は他に1台あった)
・知るかよ。

子供にしろ大人にしろ、私が近くに寄ったときにいきなり大声になるという
共通の性質を持つ。

未成年がそれほど、利害関係だけで洗脳に従うとは考えにくい。
かけられた催眠が、気づかぬほど重症か、逆らえないほど強力かのどちらかだろう。


4/5

(1)
外へ出ると、いいタイミングで救急車と鉢合わせ。
少し後にいつもの右翼街宣車も。

(2)
進路妨害か、突っ込んでくるような運転をする人。
これも結構な頻度で発生する。

4/7

(1)
C130輸送機が2機、目の前を旋回。
この間(4/2)と場所が違うのに、きちんと目の前にやってくる。

方向からして習志野からだろうか。

(2)
林の中にいても、上空にヘリが来る。
この日だけで買い物に行く途中と、2度ほどこのような追尾があった。


4/14

(1)
進路妨害するおばちゃんと、突っ込んでくる子供。
子供は目があさってを向いたままで、「ゴメンナサイ」と力なく呟いていた。


4/19

(1)
義母と私のやりとり。
    
  

4/20

(1)
真上をヘリ通過。
ズームしておらず、フォーカスも合ってないので小さいが、
最初は真中の下のほう、次は左寄り。

4/22

(1)
外出するとすぐにヘリが通過。
偶然を一致させたにしろ、うっとおしい。

(2)
さっきと同じヘリ?
今度は挑発的。上空で速度を落として見せる。


4/23

(1)
ジェット機が真上を低空で通過。
轟音が響いた直後、飛び去る様子。

4/28

(1)
自衛隊ヘリと、上空だけ悪天候。
24日分も収録。

(2)
右翼と自衛隊と警察。

目障りなものが次々と現れるという仕組み事。

(3)
自衛隊C130が低空通過。
撮れてないけども、いつもと同じ2機編隊。

(4)
夜中になっても来たC130一機。
(「ウインドウズ メディアプレイヤー9」のビデオ設定で、明るさを調整すると良く見えます)


映像では良くわからないが、まっすぐ家に向かって突っ込むように、南方からやってきた。
ほぼ真上を通過していった。

5/17

(1)
9日の日曜日、近くのあぜで寝転んでいた時。
都合4度近く、私の頭上を行き来したヘリ。

これは、頭上で十文字に旋回し続け、帰るところの映像。
こちらは寝ていて、なかなかカメラを起動できなかった。
(出来てもデータサイズが膨大になったろうけど)

(2)
3日ほど前のTV。
ノイズがひどかったので撮影。
これは、程度で言うと中くらい。

もっとひどいときは、画面中を暴れるようにざらつき、
走査線の動作に追従するようなノイズも混じる。
このノイズは、ノイズを外部で特殊な機械によって操作していることを
示すものだと感じている。

いずれも、肉眼ではもっとまぶしく、
いかにもてんかんを起こしそうな不快感を覚える。

(3)
スーパー店内。
嫌な発言要員と
通せんぼ要員。

5/19

(1)
朝っぱらからヘリ。
画像撮影後の去り際。

5/21

(1)
虐待者 晴れると すかさず自衛隊

(2)
自衛隊 ウロウロ税金 無駄づかい

(3)
民間ヘリその1
民間ヘリ?その2

(4)
ある人物との不毛な会話。

5/24

(1)
黒い重役センチュリー、最前列で停まる。

(2)
下校中の子供たちが、加害者の手駒にされて
からかう手先になっている。
こういう状況では子供だけに、違和感を感じずに積極的に
動いてしまうことが多い。

5/25

(1)
パン屋のレジにいたおばちゃんが、
わき目も振らずに突っ込んできて、進路へ割り込んできた。
(なんなんんだこいつは)というケース。
こんなのは、巣鴨のスーパー以来のことだ。

5/27

(1)
朝方の自衛隊ヘリうろつき。

外出してしばらく進むと、
同じと思われるヘリが。


6/3

(1)
まずは先月末の、真上が前線の境目になっている様子から。

次に本日の、うっすらとした雲の中に固まりの雲が発生している様子。
まず左手にカギ状の雲が発生し、しばらくして固まりの雲が出来た。

6/4

(1)
自転車の外人。
睨みを利かせながら突っ込む動作、そして去っていく。

6/17

(1)
リモートで操られた人が良くするしぐさ。
背中を見せて長時間たたずむ。

6/22

(1)
店に着くと、ガンダムSEEDの主題歌が流れている。

(2)
自衛隊輸送機一機。

6/24

(1)
自衛隊輸送機。
平常っぽく、眺めていられる程度の見本と言うことで。

7/2

(1)
自衛隊ヘリ。
こちらの移動に合わせて追尾する気配がうかがえる。

7/14

(1)
いつもいつも、見ないほうが少なくなってきたパトカー。

改めて断っておくが、ここは片田舎。
警視庁管轄の都心部とはわけが違う。

7/21

(1)
自衛隊ヘリと併走。
車道には輸送トレーラー。
演習か、単に移動か。

7/28

(1)
茅野駅前デパートの植え込みから飛び出してきた黒猫。
(※ MSメディアプレイヤー9で、画質調整の明るさを調整することを推奨)

上のコンコースでは、狂ったような若い連中が馬鹿みたいにはしゃいでいた。
時に間接的に私にちょっかいを出しながら。

8/25

我が家周辺の団地をざっと撮影。
この中に確実に、殺人世帯がいる。

義母、心臓悪化
弟 急激に心臓悪化、死亡
筆者 健康体から急激に心臓悪化
飼い犬 心臓悪化
2軒隣の同級生 心臓悪し、親の代から長年居住

これらの実績を何十年にもわたって続けている気違い工作員が。

8/26

家から、念力攻撃中の相手の様子を撮影。

こちらは相手の玄関先へ出向いての撮影、低画質モード。
聞こえている、などと変に陽気に話してその後沈黙するような様子に注意されたい。

いずれもMSメディアプレイヤー9で、明るさを補正して閲覧することを推奨。

9/14

(1)
自衛隊のC130。

飛行機は迫ってくる時と横切る瞬間がとても騒々しいのだが
映像は去り際なのでそうでもない。
カメラが間に合わなかった。

12/11

家で、遠隔攻撃による不快感を体感したため、周辺を見回り。
体感に基づいて、右、横、背後、などと口述している。
東西南北は、方向を示しているだけ。


12/15

警察のヘリが旋回。
こちらが撮影を始めるのに呼応している。

12/16

ドライバースタンド小山店にて。尾行?

自衛隊ヘリ。11時。

自衛隊ヘリ。13時。

12/20

自衛隊ヘリ。11時。
小山市各地を追い回し、周回。


05 1/18

県警ヘリ、いつまでも周辺をブンブン飛び回る。


05 2/25

生きているうちに、恥も外聞もなく訴えておく。
きちんと実行犯から主犯にまで届くように。

低画質で撮影したら、色識別ができないせいかカクカクしてしまった。
今後は対策する。

05 4/6

自衛隊ヘリ。
埼玉での活動も再び活発化しているようだ。
というか、前日の発言ごときでも反応してやってくる場合がある、そんな幼稚さだが。

05 4/14

警察のヘリが自宅上空でアクロバット周回を繰り返す様子。
2周のうち2周目。

05 4/15

警視庁ヘリが皇居付近をグルグル。
本当に毎日、よく出くわすものだ。しかも出先でばかり。
議員会館を出るともう、いなくて静かだった。

05 4/18

自衛隊C130
警察署の上空にまで。
たまたまにしても、嫌なたまたまだ。



11/




最上/最下
(未完)